意表を突く ものづくり

その言葉の意は、
単に実用性の無い変わったモノを作るのではなく、
単にデザイナーのエゴを加えるのでもなく、
単にメードインジャパンを謳うこともありません。

鞄=物入れ、財布=銭入れなどという原則からはぶれず、
第一優先として最適な機能を落とし込む。

その上で、できる限り無謀な+αの機能・デザインを
日本の技術力によって組み込み、具現化していく。

この国でものづくりができることを誇りに、
そしてその責任を感じながら。

PAGE TOP