havito collection

~意表を突くものづくり~

 

glart

職人技術と芸術、曇りなき傑作


メルヘンにならぬよう、あくまでもリアルに。ヴィンテージのステンドグラスに近い色彩を表現。
硝子の印度は透過度と着色のバランスを調整することでムラを生み出し、配色パターンは革との相性を考えて、敢えてシックに。

革や芯材などは類似の商品と比較し、倍近い種類とパーツ数。
組み立てにおいては微細な誤差で表情が大きく変わってしまうため、限られた職人のみ生み出すことのできる特別感。

完成に至るまで約一年と半年。

肉眼では感じ取れないほど、過剰な拘りにより生まれました。

全ては傑作を生みだしたいが故の、只のわがままかもしれません。

そんなわがままが誰かの心を激しく揺さぶることができたその時、

私たちは職人冥利に尽きることでしょう。

  
■glart誕生秘話 ➡ 『こうして生まれた曇りな傑作』

bog

自然を縫い 仕立てるという事

白の帆布を、ランタン・泥・太陽光の自然の力のみで染色しており、独特な色味の泥染め。

生産に多くの時間と手間を要すること、品質を保持するために年間の生産数が限られた、希少性の高い生地になっています。

使い込むほどにエイジングされる。

この独特な風合いは自然の恵み。それを仕立て上げた逸品。

 

skog

ありきたりで、奇をてらう

havito立上げ当初のデビュー作。シンプルイズベスト、という言葉が似合う、帆布トート。

洗いのない無垢な帆布は、カジュアルだけどラグジュアリ。

バイオウォッシュ加工を施した帆布は、独特なヴィンテージ感。

シンプルなのに飽きのこない、軽さと使いやすさ。

使われ続ける理由は、ここにある。

web store

➡ https://waji.co.jp/shop/item/?b=havito

PAGE TOP